海外就職でどんな仕事をしたいのか

海外就職を希望する人はどんな仕事に就きたいのか。 - 海外就職でどんな仕事をしたいのか

アーカイブ

更新情報

海外就職でどんな仕事をしたいのか

日本でも海外就職は一般的な選択肢となりつつありますが、具体的にどんな仕事をするのかイメージできないという人も多いのではないでしょうか。英語が話せないと仕事ができないのではないかと心配する人も多いですが、実際のところそんなことはありません。日本人はよく気が付ききめ細やかなサービスを提供することができると定評があり、日本人であることだけでも大きな武器になります。英語力が中学生レベルであっても十分海外での仕事を探すことはできるのです。

英語力をさほど重要視しない仕事

rgeagra
英語は苦手だけど海外で仕事をしてみたいという人は、日本人相手に仕事ができる観光地での職探しをおすすめします。例えばアメリカのハワイであれば、毎年多くの日本人が観光で訪れており、その人たちを対象にした仕事も多くあります。日本料理店や観光ガイド、結婚式場など実にさまざまです。それらの仕事であればお客の多くは日本人ですので日本語を使った仕事ができます。英語を使用することももちろんありますが日常会話程度で済みます。他には、日本人の駐在員が多くいる大きな都市での仕事です。日本企業の駐在員が多い都市では。保育所、家庭教師、美容師など現地に住む日本人を相手にした仕事が一定数あります。駐在員の場合はいずれ日本に帰ることが前提ですので、子どもの教育など日本人に任せたいと考える人が多いようです。保育士免許、教員免許などの専門性の高い日本の資格を持っていると就職にも有利になりますのでおすすめです。語学力に不安がある人はまず観光地や駐在員の多い都市で日本人向けの仕事を探してみましょう。

英語力が重要視される仕事

現地の人々を相手にする場合、語学力は必須です。英語は企業内、企業間でのやり取りで使用し、現地の人々とは現地の言葉でやり取りをしなければならない場面も多くあります。英語が通じるからと現地の人に英語でコミュニケーションを取ろうとすると壁を感じてうまくいかないこともあり、やはり現地の言葉を学びコミュニケーションを円滑にすることは重要です。せっかく海外へ行くのだから英語を使ってバリバリ仕事をしたいという人は外資系の企業で現地の人々と仕事をするところを選ぶことをおすすめします。

仕事をする国選びも大切

初めて長期間海外で過ごすのですから、国選びは重要です。特に女性の場合は治安など不安もあると思います。海外へ行くと日本がいかに安全で過ごしやすい国かよくわかりますが、海外でも比較的大きな都市は治安が安定しているところが多いです。シンガポールやオーストラリアは海外からの留学者や移住者が多い国なので外国から来た人にも親切に対応してくれるところが多いです。食の好みも重要なポイント。タイなどは食にこだわる国と言われるだけあって日本食レストランの数も多く、他にも美味しい店が多いと言われます。長期間生活する中で食事が口に合わないのは辛いことなので事前に下調べしておくと良いでしょう。

基本スタンスは「働きながら身につける」

海外就職をした人の多くは、今まで経験したことのない仕事に初めて就いて、仕事をしながら覚えているという人がほとんどです。英語や現地の言葉についてもコミュニケーションを取ろうとする積極性や行動力があるのであれば自然と身に付いていきます。大切なことは、海外で引きこもらないこと。できるだけ自分から行動を起こして積極的に動くことです。

Copyright(C)2016海外就職でどんな仕事をしたいのかAll Rights Reserved.